2010年

3月

08日

憧れのあの人に、自分の魅力は隠されている

「あんな人になりたいな」「このタレントさんが好き!」
こう思える人って、いますか?
周囲にいる尊敬する方でも、惹かれる俳優さんでも、
小説の主人公でもよいですよ。
もちろん、大好きな恋人でもOKです。
まず、1人あげてみてください。
その方の、どういうところが好きですか?
性格、雰囲気、言動…いろいろとありますよね。
具体的に、「ここが好き!」というポイントを書き出してみてくださいね。
直感にまかせて思いつくままで結構ですよー。
「かわいい」「芯がある」「生命力がある」「芸術的センスがある」などなど・・・。
いっぱい出てきますか?
その書き出した要素を眺めてください。
実は、それはすべて、あなたが持ち合わせている魅力の素です!
えーっ。そんなことないって?
いやいや。本当にそうなんですよ。
心理学では、「投影の法則」というのがあります。
かんたんにバクッと説明すると、
自分が見ている世界は、すべて、自分の心の中を映し出したもの…ということです。
「鏡の法則」なんていう風にも言いますネ。
人は、自分のココロの中にあるものにしか
反応できないようになっているのですね。
自分がもっていないモノに関しては、全然目に入ってこないんです。
だから、憧れの人がもつ要素は、必ずあなたにもあります。
ただ、その要素が核にあっても、
それをうまく表現できているかは別だったりします。
では、その魅力を表現するにはどうすればいいのか?
まずは、自分がいつもしている行動に意識的になること!
人は無意識に、半自動的に行動しています。
それも、小さいときからの自分なりのクセをもったまま…です。
本当は「優しい」人なのに、
照れてしまって優しさを行動に表せない人がいます。
多くの人は、誰かを判断・評価するときに、行動を見ます。
だから、その方がどんなに本質的には優しくても、
そう行動しない限り、分からないのですねー。
「優しい気持ち」が自分の魅力だと気づいたら、
そして、それを大事にしたいなら、
自分の行動をふりかえってみて、自分なりに表現してみることをおすすめします。
かんたんに、できる範囲のことでいいんですよ!
例えば、「優しさ」には、いろんな表現があります。
●ツラそうな人に気づいたら、話を聞く。
●自信がなさそうな人がいたら、その人の魅力を伝える。
●困っている人がいたら、手をさしのべる。
とかね。
例えば「リーダーシップをもつ」が魅力だと気づいたら、
●いつもはしない幹事をかって出てみる
●皆を上手に引っぱっていく役をやってみる
●誰もやらなかったことに挑戦してみる
とかね。
こういう小さな積み重ねを続けていくことで、
あなたの中にある魅力の素が、どんどん開花して、
強みになっていきますよ~!
コツは、気負わず、ムリせず、自分のペースで…でーす。