2010年

3月

08日

できないことが、強みに変わる

さて、前回、「他人の長所を見つけるなんて、できないな」と思った方、
実は、それが強みだとお伝えしました。
できない自分を知っている…。
そのときの気持ちが分かる…。
そんな自分に気づけることが、あなたの強みですよと。
今回は、それがなぜ強みになるのかをお話ししましょう。
まず、人間って、スイスイとできてしまうことに関しては、
「なぜできないのか?」「できないときのイヤ~な気持ち」というのが
まったく分かりません。
スイスイできることは、空気を吸うことのように当たり前だからですね。
だから、「どうしたら、できるようになるのか?」は考えられず、
イヤ~な気持ちを理解することもできないのですね。
逆に、できないことに関しては、
「ものすごく落ち込む」「他人を嫉む」気持ちをもちますし、
「なんで、私だけできないの?」と思い、できない原因と、
そこから抜け出す方法を必死になって焦ります。
この、できない経験や、できないからこそ生まれる気持ち。
そうそう。
これらを味わったからこそ、
その時に言ってほしい言葉や、してほしい行動が分かる。
それがあなたの強みになります。
こういう時に言える言葉や行動って、どんなに短くても、小さくても、
気持ちが伝わるのですね。
そして、本心から
「わ! 分かるなあ」「そうそう、そういうときあるよね」という共感ができる。
人間って、苦しい状況のときに、
誰かひとりでもいいから「うんうん、そうだよね」と共感してくれる人がいたら、
それだけで、すごくラクになるものです。
ホッとした瞬間に、自分で解決方法を見つけられちゃったりもします。
さらに。
できないことで悩んだ人の多くは、
自分なりに解決法を探したり、発見したりしているもの。
その経験談を、親身になって伝えてあげられたりしたら、
相手の役に立ちますよね。
もし、その方には合わないやり方だったとしても、
その気持ちがうれしいものです。
余談ですが、
世の中に出回っている実用書のほとんどが、
「上手にできない」という方のために作られています。
料理、ダイエット、人間関係・恋愛、ビジネス…etc。
これは、「うんうん、そうだよね。でも、このやり方をすればうまくいきますよ」
という姿勢で編集されています。
「できない人は、どういうところでつまづくのだろう」
「どうしたら、できない人の気持ちに寄り添え、役立てるだろう」
という気持ちが前提にあって、作られているのですね。

そう。
「できない」を知っている人は、誰かのために
実用書並みの能力を発揮できる力があるのですよ!
これって、うれしいことじゃありませんか?
何かにつまづいて、ガックリきたとき。
その瞬間は、落ち込むかもしれません。
だけど、少し時間が経って落ち着いてきたら、
このことをちょっと思い出してみてくださいネ。